Avenir

沖縄 ブライダル&ロケーションフォトのアヴェニール!

ウェディングドレスや和装は、結婚式だけでなくブライダルフォト撮影時にも身につけます。

沖縄の綺麗な景色の中で、ブライダルフォトを撮影する方の中には、沖縄の伝統衣裳である琉装を身につけたいと考えられている方もいらっしゃるでしょう。こちらでは、このような衣裳を着る時のポイントをご紹介します。

なかなか身につける機会がない衣裳だからこそ、着る時のポイントを押さえておくことをおすすめします。

衣裳を着る時のポイント

裾を持ってゆっくり歩く

衣裳を身につけて撮影する時のポイントは「汚さない・引っ掛けない」です。裾の長い衣裳を身につけると、普段の生活で何気なく行っている動作も難しくなります。もし、ドレスや着物の裾を踏んでしまうと転倒の危険性もあり、焦る気持ちが表情を強張らせてしまいます。そのため、衣裳を身につける時は裾を持つ癖をつけて、ゆっくり歩くことを意識しましょう。

モデルのように堂々と

なかなか身につける機会がない衣裳を身につけると、嬉しい反面緊張してしまう方はたくさんいらっしゃいます。

緊張すると姿勢が悪くなるだけでなく、不自然な立ち方や歩き方になってしまいます。

衣裳を身につける時は胸を張って堂々とすることで、きちんと衣裳を着こなすことができるのです。

シャイな性格の方もこの時ばかりは、思いっきり素敵な笑顔をはじけさせて下さい。

前撮りをご検討されている方は、アヴェニールにお任せ下さい。アヴェニールでは、沖縄でのロケーションフォトのセットプランをご用意しています。沖縄本島で撮影することができるプランだけでなく、さらに魅力的なビーチで撮影可能な宮古島プランもありますので、是非お問い合わせ下さい。

肌のケアもしっかりと

デコルテや腕を露出するウェディングドレスや襟足を露出する着物を身につける時は、事前に肌のケアをしっかり行っておくことが大切です。むだ毛の処理はもちろん、保湿などの肌のケアを徹底することで、肌の発色がワントーン明るくなります。ドレスや着物の間から見える肌のケアもしっかり行っておくことで、より一層衣裳の魅力を引き出せるでしょう。このようなポイントを押さえることで、本来の魅力を引き出すことができ、世界でひとつだけの最高のブライダルフォトに仕上がります。

海中

〒901-2126 沖縄県浦添市宮城4-22-6-201  TEL 098-894-5748    FAX098-875-3964

 mail  info@avenir-wedding.com

c2008-2016 沖縄フォトウェディングのAvenir. All rights reserved.