久しぶりのサンセット撮影

皆さん、大変な生活が続いてますが、いかがお過ごしでしょうか?
沖縄も感染拡大で、思うように皆様を受け入れることができず
歯がゆい思いでいます。

そんな中ですが、久しぶりにカップルの前撮りを行いました。
サンセットでの撮影を希望されていましたので、少し早めに夕暮れ時から日没までの撮影となりました。

前撮り 

残波岬での撮影は、夕日に照らされてとってもいい感じでした。

場所を海岸に移してのサンセット撮影。
この日の天候はとてもよく、これ以上ない条件で撮影ができました。

この日の撮影中に、彼からサプライズがありました。

何と!
ヤラセなしのプロポーズに、思わず彼女も感激の涙
とても素敵な光景でした。
前撮りなどでは、ポーズをとってもらって撮影することはよくあるのですが
本気のプロポーズは、やはり絵になりますね。

とっても幸せな時間が流れていました。

感動のシーンの後は、夕日をバックに楽しみました。

ラストカットは、空が赤く染まり月も出ていたので、サンセットでJumpを撮ってみました。
動きのある写真はちょっと無理かな?と思いつつも最高のカットとなりました。

おふたりの幸せな時間にご一緒させていただき、とてもHappyな1日でした。

こんな時だから色々制限もありますが、しっかりと対策をして、楽しんでいただければ何よりです。

皆様もくれぐれも気を付けてお過ごしください。

新しい撮影場所を求めて!

テダ御川

本州各地でも記録的な速さで梅雨入りしているようですが、沖縄の梅雨はどこへ?っていうぐらい連日晴れています。

先日、天気も良くいい写真が撮れそう‼ ってことで、南城市(なんじょうし)までロケハンを兼ねて撮影に行ってきました!
場所は知念岬の近く、「テダ御川」← これで「てだうっかー」と読みます。
昔はきれいな水が湧き出ていて聖地と呼ばれていたところですが、今は水は湧いておらず、石碑だけが残っています。

ここも、最近はガイドマップやSNSで紹介されていて人が多くなりました。

ここは”沖縄のウユニ塩湖”と呼ばれ、観光で足を延ばす方も多くなりました。
ウユニ塩湖といえば、本家は南米のボリビアですが、それと比べると狭くて岩が多く、それほどではと思われるかと…
しかし、条件さえ良ければ、本家に劣らず、きれいな景色が見られます。

今回は条件が良くなく、風が強くなってしまったため断念しましたが、またいつかリベンジします。

テダ御川

↑粘って撮った、最後の1枚です。
干潮時刻の後を狙っていたのですが、イマイチ潮の戻りが遅く岩が目立ちますね。
条件が良ければ、もっと広い画が撮れます。

フォトウェディングの撮影でも使えますが、ベストな時間が限られているので、時間には余裕を持って
計画されることをおススメします。

最高のシチュエーションを求めて!

みなさんこんにちは!
ゴールデンウイークも終わり、仕事に学校にといつもの生活に戻りましたが、五月病になったりしていませんか?
体調管理気を付けてくださいね。

沖縄では、ゴールデンウイーク明けとともに梅雨に入り、これから鬱陶しい日が続きます。
最近では、観光でいらっしゃる方も少し増えてきているようです。
くれぐれも感染対策を怠らないようご注意ください。

ということで、ビーチでのロケーションフォトも少しずつ増えていますが、
今日はビーチでのロケーションフォトを撮影する際にお役に立つ情報をお届けします。

青い空と青い海を求めて、沖縄に撮影しに来たのに…
ということにならないように参考にしてください。

”沖縄では天気が良ければ、いつでも青い空と青い海が撮れる” と思われがちですが、実はそうでもないんですよ。
(ここでは、快晴で青空が広がっている条件でのお話とさせていただきます。)

①逆光の場合は、空も海も色が出にくくなるということ
沖縄本島はほぼ南北に長い島ですから、ビーチも東と西に分かれるのですが
午前中は東海岸が逆光に、午後は西海岸が逆光になります。
夏と冬では、太陽が移動する角度も時間も変わりますのでベストな撮影時間も変わります。

photowedding

上の2枚の写真は同じビーチで撮影したものですが、左の写真は春の3時ごろ、右は夏の昼頃ですが
左の写真は、逆光で空も海もやや薄い色になっていますね。
(左の写真はわざと太陽を入れて撮影し、撮影後の処理で色を出しています。)

②干潮時刻に注意
あまり気にされないのが、この干潮時刻です。
地球は自転しながら、太陽の周りを廻ることは皆さん知っていますよね。
これに合わせて、海水は周期的に満ち引きしているのですが、
遠浅の海岸では沖に向かって1㎞以上も歩けるほど引いてしまうところもあります。

また、大潮の時はこの干満の差が大きくなり、普段撮影しているビーチでも通常より50m以上も引いてしまい
通常の立ち位置では海水がない状態で、沼のようになってしまう時もあります。

潮位表

上の表は、気象庁の潮位表です。
気象庁 | 潮汐・海面水位のデータ 潮位表 那覇(NAHA) (jma.go.jp)
期間と場所を指定すると指定した期間の満潮・干潮の時刻が表示されます。
この表中の新月と満月の日が大潮にあたり、大潮を含めその前後は干潮時にかなり引きますので
海の色が出ないどころか、海水そのものがなくなってしまう場合もあり
ビーチによっては撮影できないところもあります。

①の時間帯については、場所を選ぶなどをして何とかできるのですが、干潮に関してはどうにもならないところで
撮影の時は気にされた方が良いと思います。

アヴェニールでは、お客様のご都合に合わせて、できる限りベストな条件で撮影できるように
場所と時間を調整させていただいております。
天候も考慮し、予備日も含め、余裕を持ったスケジュールでお越しいただくことをおススメいたします。

沖縄本島フォトウェディング撮影MAP

 

寒くなったり、暖かくなったり、季節の変わり目で体調を崩されていませんか?
今日は、アヴェニールがフォトウェディングや家族写真などで撮影してきた沖縄本島の撮影MAPをご紹介します。
地図内に名称を記載していますが、この他にも地元の人しかしらないような隠れスポットやプライベート感たっぷりのビーチなど掲載していないところも多数あります。名前のない場所の方が、人も少なくきれいだったりするのですが・・・
いや、沖縄の海はどこでも綺麗‼
なお、撮影場所によっては、事前の申請が必要になり、使用料が発生する場合があります。
申請はこちらで行います。
ご希望の撮影ポイントが有料かどうかは、お気軽にお問い合わせください。

また、大手リゾートホテルをはじめ、民泊・ヴィラなど多くの宿泊施設でも撮影させていただいてます。
宿泊施設での撮影の場合は、事前に撮影可否の確認をお済ませください。

今はコロナの影響で旅行もままならないのですが、落ち着いたら、ぜひ遊びにいらしていただきたい。
沖縄でフォトウェディングを検討されているカップルの参考になれば幸いです。

MAPは随時更新します。

春!フォトウェディングのシーズン到来‼

東京都近郊の緊急事態宣言が延長されました。
一人ひとりの気遣いでコロナ感染拡大を防止し、1日も早く終息させられるように頑張りましょう!
医療従事者の皆様、介護関係の皆様、ご自身の感染と隣り合わせで奮闘していただいてるすべての皆様に感謝します。

昨年より様々な行事などが中止になり、なかなか季節を感じることも難しくなりましたね。
沖縄は桜の季節が過ぎ、いよいよこれから春から夏へとシーズンに入ってきます。
1日でも早く、安心して皆さんが沖縄旅行を楽しめる日が来ますように・・・
その時は、くれぐれも感染拡大につながる行動は控えていただき、気を付けてお越しください。

アヴェニールでは、天候による対応もさせていただいておりますので安心してご利用ください。
5月から6月の梅雨時などは、日程に余裕をもって来沖されることをおススメいたします。

たくさんの笑顔に会えますように‼

 

フォトウェディングプランについて

フォトウェディングプランの選び方

beach_photo

ここ数年、沖縄県内でフォトウェディングを取り扱う企業が増え、プランも様々です。
ネットを見ると数も多く、訳がわからなくなりそうですね。
その中から、満足いくプランを見つけるにはどのようにしたらいいのか?ですが、まずはご自身がどこを重視するかです。
予算・衣装・写真・ヘアメイクなど、内容を見ていきましょう。
ここでは、一般的なお話にとどめさせていただきますね。

・予 算 = 最近では、格安のプランをはじめ様々な料金が提示されていますが、ここで気をつけていただきたいのがプランの内容です。

お得だからと予約をしたら、”衣装の追加料金やデータの買い取り”  などオプション料金で、結果的に高くなってしまった”  というケースもあります。衣装の追加料金やアクセサリーなどの小物やブーケ、納品される写真の枚数など、内容は納得いくまで確認して下さい。

・衣 装 = ウェディングドレスは、女性の憧れ!1番に考える方も多いと思います。

フォトウェディングの場合は、挙式の場合と違い、比較的軽く、動きやすいドレスを扱う店舗が増えています。また、海の中へ入って撮影出来る衣裳をそろえている所もあります。また、希望しているラインがある場合は、予め伝えておくとよいでしょう。

でも、行ってから気に入ったドレスがなかったら・・・ と不安な方は、お住まいの近くでレンタルされて、配送してもらうという方法もありますね。(ちょっと料金が高くなりますが)
また、最近ではネット上でドレスを購入して持ち込まれる方もいらっしゃいます。(詐欺には気を付けてくださいね。)
「自分で用意したものを着たい」という方は、持ち込み可能なお店となりますが、持ち込み料の有無は確認が必要です。なお、白無垢などの和装や沖縄ならではの琉装もオススメですよ。

・写 真 = もちろん、写真が目的のフォトウェディングですから、写真の善し悪しは重要ですね。

大体は、ホームページ内にサンプル画像を掲載していると思いますので、ご自身のイメージする写真を撮ってもらえそうな所に頼むことになるでしょう。

過去のケースで多いのが、「実際に撮影してもらった写真が、サンプルと全然違う!」というクレームを多く聞きます。
この辺りは、よくよく確認されることをおススメします。
中には、別料金でカメラマンの指名制を扱っている所もありますので、利用されるのも安心かもしれませんね。

・ヘアメイク = 気に入ったイメージがある場合は、あらかじめ画像を送るなどして、確認されるとよいでしょう。

フォトウェディングの場合はリハーサルをしませんので、当日カウンセリングをしながら行います。
イメージに近い写真などがあるとより伝わりやすく、満足いく仕上がりになりますよ。

・その他、撮影の小物やオプションなど、どの程度用意できるか?とその料金は確認されるとよいでしょう。

たいていの場合、撮影小物の持ち込みはOKだと思われます。

沖縄の季節感・・・!?

beach_location
beach_location

アヴェニールのブログをご覧いただきありがとうございます。

結婚式を予定されていたカップルには、昨年のコロナ感染拡大により、やむを得ず中止・延期などの辛いご決断をされた方々が多数いらっしゃり、ご本人をはじめ、ご家族・ご友人のご心痛は大変なものだと思います。

1日も早くコロナが終息し、また皆様の幸せな時間・素敵な笑顔を見られる時が早く来ますように祈るばかりです。

そんな中でも、結婚式自体はキャンセルにしたが、”せめて写真だけでも記念に残したい” ”また挙式ができる日のために前撮りをしたい” など、フォトウェディングを考えられているカップルもいらっしゃいます。

折角のフォトウェディング・・・ ベストな条件で、いい写真を残していただきたい!という思いでいます。

そこで、県外の方にも知られるようにはなってきている沖縄の気候について、今回は沖縄フォトウェディングのベストシーズンをお伝えしたいと思います。(あくまでも私的見解です)

フォトウェディングで一番心配なところは、当日のお天気ですよね。ただし、こればかりは当日までわからない(特に沖縄のような熱帯性の気候では)ものです。

なので、1~2週間を通してみた時に一番よさそうな時期となります。

フォトウェディングの場合、スケジュールを立てるにも挙式と違って柔軟性がありますが

では、いつ頃が良いのか?

真夏の沖縄を体感したい‼️という方は7月から9月が文句なくベストシーズンです。

ただ、暑すぎるのはチョットという方には、3月から4月、10月から11月前半がオススメです。私の一押しは7月上旬です。梅雨も明け、比較的天候も安定していて、夏休み前だから観光客もそれほど多くない時期、そのうえ真夏を体感出来る‼️

よくないですか?

その他の時期についてですが

5月から6月は梅雨、8月から10月中旬ごろまでは台風シーズン、12月から2月頃までは沖縄でもそれなりに寒くなります。

沖縄の冬は最低気温で13度程とそれほどでもと思われるかもしれませんが、風が強く、体感で3~4度以上寒く感じる場合もあります。ただし、日中晴れると汗ばむぐらいに暖かくなる日もあります。

昨今の気候変動により、梅雨時期がずれる、去年のように冬が記録的な寒さ、台風が1つも上陸しないなどの異例な年もありますので、「言ってることと違うじゃん!」などと言わずに、あくまで参考にしてください。

今回は、天気についてお話させていただきましたが、これからも様々な情報をお届けいたしますのでお楽しみに‼

ホームページをリニューアルしました。

先月よりホームページが表示されず、大変にご迷惑をおかけいたしました。
この度ホームページをリニューアルし、今まで以上に皆さまに喜んでいただけますよう取り組んでまいります。今後ともよろしくお願いいたします。